2018年03月31日

意拳を学びたい方へ

意拳練功一得会は、毎週日曜日に飯田橋、九段下の施設等で稽古を行っています。
 入会希望の方は、下記内容を記載のうえメールでご連絡下さい。
 詳細については折り返し連絡差し上げます。
 なお、見学についても同様にご連絡下さい。

【送信先メールアドレス】
  toikeyama_103@yahoo.co.jp
  担当:池山 稔美(意拳練功一得会)

【内容】
・氏名
・年齢
・住所
・メールアドレス
・武術・スポーツ歴
IMG_2691.PNGIMG_2691[1].png
IMG_8446[1].jpg
posted by 池山 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

今使える技を

発達過程によって使う技が変わってくる。内力の養成が進むにつれて変わってくる。となれば、今は今の段階でできるテクニックなりを工夫するのが強くなる近道になる。今今現在の自分の動きや感覚の中で実作に役立つことを試してみる。間合い、スピード、コンビネーション、組み打ちの強さ、防御、気力等々。いろいろな攻防を想定して身体を練っていく。一方、打熟といって打ち慣れていくとレベルが下がることにも注意する。自分の変化に耳を澄ませる。あたりまえのことではあるけれど。
011MIZUHO171010_TP_V4.jpg
posted by 池山 at 07:49| 東京 🌁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あせらないこと

内力を強めていくには身体感覚を模索していく過程が必要になる。ただ、その作業は茫漠としていて分かりにくいものであり、容易に誤解やファンタジーを生じることがある。この感覚だとわかったつもりになっても実際は頭で作り上げていることもある。が、実は既にちゃんとした入口にたどり着いていることもある。対人で試していてもなかなか成果がでないとしても、そこだけで判断しないこともまた重要である。対人でできるようになったらそれはそれでよし。できなくても、感覚さえ分かっていれば、試行錯誤はあるにせよそのうちできるようになる。あせらないことだ。
PAK23_shiogamajinjya20140208_TP_V4.jpg
posted by 池山 at 07:24| 東京 🌁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする